旦那事件2part 2

こんにちはー!

チャチです^_^

 

今日も見ていただきましてありがとうございます😊

 

娘がお昼寝中です!今日はいい子にぐずらず寝てくれました❤️娘の存在だけが私の癒しです!

 

ちょっと時間ができたので、続き書いていきます!

 

そうです!旦那が住んでた家の事です🏠

なぜワンルームに住んでいるのか分かったかと言うと、生活保護を受けるにあたり、役所の方達の審査?を受けなければいけませんでした。

 

いろんな書類を出した上で、現在住んでいるところの調査もあったのです。

奴が、私にもその時一緒にいて欲しいと頼んできたので、行くことにしました。

もうこの時点で、奴に対しての信用はほぼ皆無。頼りになると思っていたのに、全然頼りにならない!私がやった方がいいと思ってました。

 

私は、この時が初めての訪問でした。

二人暮らしだし、広くはないだろうと思ってはいましたが、アパートの前に着いて玄関開けた瞬間に全て悟り、唖然としました…

 

本当にこんなところに十年間も住めるのだろうか?これが率直な感想です。大好きな親子同士ならもしかしたらいけるのかもしれない…いやそれでも普通はムリだと思います…

 

ワンルームでしたが、ロフト付きでした。なので、旦那がそのロフトで生活?していたそうです。もちろん激せまですよ!!びっくりするくらい!

役所の方が2名で訪問されましたが、あまりの狭さにもちろん全員入るはずもなく、私は玄関に立ってました。

 

役所の方たちに、義父や旦那はいろんな質問されていたようです。なんだかんだで、無事に終了。

 

わたしは、この現状で保護が下りないなんて絶対にないと確信してました。

だって申請書出しに行った時も、受付した方が、『これは大変でしたね。今までよくやってこられましたね。』とおっしゃったくらいですから…

もちろんできないから、旦那が手助けしてたわけで…

それでも1人でやれる!やってもらうしかないんだ!と言い続けてた旦那…お前の希望的観測なんか聞いてない!!まじで意味不明。

 

案の定、義父は保護受けられることになりました。

これでひとまず一安心だ!ととりあえず思ってました。

 

でも、奴はやってくれますよ…はぁ…もう思い出しても腹が立つというか情けなくなる😓

 

こんな男いるんだな、それをわたしは選んでしまったんだなぁ…泣

 

娘の寝顔見ながら、なんか泣けてきました。

 

まだまだ続きまーす!